FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京スーパーエコタウン施設見学会 その2

前回(9/11)に引き続き去る9月15日(木)再び東京テレポート駅前より大型バスにて施設見学会に参加。
今回の目玉もやはりバイオマス施設であるが、今度は、生ごみの飼料化施設です。見学コースは、以下の順。
 ①(株)フューチャー・エコロジー ・・・ 情報機器のリサイクル施設
 ②(株)アルフォ ・・・食品廃棄物のリサイクル施設
 ③日本環境安全事業(株) ・・・PCB廃棄物の処理施設

まず、①の(株)フューチャー・エコロジーは、「情報機器」、即ちテレビ・エアコン・携帯電話のリサイクルの為の解体作業が主であり、次の選別・仕分け作業の前工程施設との事。平成13年(2001年)施行の家電リサイクル法の趣旨を活かすべく設立されており、フロンガスは、ここで回収している。

③の日本環境安全事業(株)は、これも平成13年に特別措置法に基づいて、PCB廃棄物の安全な処理を行なう為、設立された時限立法に依る施設です。法的には、平成28年迄に無害化処理を完了する定めとなっているが、現状若干遅れ気味との事。

さて本命の(株)アルフォであるが、その事業概要は、
 設  立:平成16年4月1日
 処理方法:油温減圧式脱水乾燥法
 処理能力:最大168トン/日(10トンを90分で製品化)
      *24時間稼働として
 施工費 :28億円
 敷地面積:4204.9m2

工場見学の前に食品系バイオマス廃棄物のガイダンスがあり、
 (ア)日本全体の生ごみ系廃棄物+動物性残渣:2,200万トン
     *500kg/人とすると4,400万人分
 (イ)穀物の生産量:1,000万トン/年
 (ウ)輸入食料  :5,800万トン/年
 (エ)食料自給率 :40%
以上から、「輸入迄して食べ残す日本」の実情が明らかに。

更に飼料に関しては
 (い)国内需要:27,000万トン/年
 (ろ)自給率 :25%(飼料そのもの10%、牧草地15%)

ここで、この施設の存在価値が出てくる訳で、無駄に捨てられ、ただ燃やされるだけの生ごみの再資源化、そして自給率の向上に繋がる訳である。工場見学だが、生ものを扱っている割には、全体としてそれほど臭いが気にならなかった事を記しておく。前回のバイオエナジー(株)と比べても(株)アルフォもほぼ同程度の施設規模、能力であり、選択肢に加えるべきであろう。

最後に生ごみのバイオマス活用としては、
 a) バイオマス発電 ・・・バイオエナジー(株)
 b) 堆肥化 ・・・戸田フラワーセンター
 c) 炭化
 d) バイオ燃料
 e) 飼料化 ・・・(株)アルフォ
 f) 消化・消滅装置 ・・・久喜・宮代衛生組合
 g) その他

以上が考えられるが、東埼玉地区に於いて、どの方法が望ましいか、費用対効果も含めて要検討である。

草加にバイオマスパーク「川柳のさ郷」を!

(井田)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

事務局

Author:事務局
東埼玉5市1町・ごみ減量市民プランをつくる会のブログです。
メールはこちらへ

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。