FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸田市環境クリーン室副主幹・吉田義枝さん越谷講演会は大盛況!!10月10日 越谷サンシティ

10月10日、体育の日。戸田市環境クリーン室副主幹の吉田義枝さんをお招きして、『燃やすだけが能じゃない!!とってもおトクなごみ減量大作戦!!』と題する講演会を行いました。

プランをつくる会で、吉田さんをお招きするのはこれが2回目。昨年は八潮メセナで講演していただきました。今回の企画はその時の参加者の方の「是非もう一度話をしてほしい、近所の人にも聞いてほしい」という声によるもの。今回は越谷市内の越谷サンシティ視聴覚室を会場にしました。60人分の座席は満席で、今回も大盛況でした。

「ごみは燃やせばおカネがかかる。でも分ければおカネになるんです。」戸田市の様々な事例に基づく説明はわかりやすく、情熱的です。

アンケートに寄せられた参加者の感想から・・・
「ごみをお金に変えるというすばらしい発想に目から鱗です」
「戸田市の取り組みがよくわかり、越谷も頑張る必要があると思った」
「越谷にも吉田さんのような人がほしい」
「市の職員、議員に聞かせたい」
などなど…

例えば、生ごみを持っていくとお花の鉢植えと交換してくれる「リサイクルフラワーセンター」。環境政策と障害者雇用政策を結合させた画期的な施設で、開設以来見学者が後を絶ちません。質疑応答のときにこのシステムの導入の経緯についての質問がありました。吉田さん曰く「最初は苦情処理だったんです」なんでも市民団体が運営していた生ごみ堆肥事業の堆肥場があまりに臭い、なんとかして欲しいという苦情が市役所に寄せられたことが出発点だったそうです。問題解決の道を行政と市民が模索する中で結実したのがリサイクルフラワーセンターを軸にした「花いっぱいの街づくり」作戦。それが今では花の街づくり日本一。今月末にはカナダで行われる国際コンクールに日本代表としてエントリーです。凄いですね。


ところで参加者のほとんどの方が草加市柿木町の第二工場建設計画を「知らない」とアンケートで回答していました。もっと多くの人に東埼玉のごみ事情を知っていただき、どうすべきかを多くの人たちと討論していきたいと思います。

(事務局)

yoshida10111010.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

事務局

Author:事務局
東埼玉5市1町・ごみ減量市民プランをつくる会のブログです。
メールはこちらへ

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。