FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍光管をリサイクルして水銀の適正処理を!! ~NPOコンシューマーズ京都の取り組み~

10月16日、日曜日。後楽園遊園地の隣にある文京区民センターで『連続する清掃工場事故の検証と水銀条約』と題する講演&シンポジウムが開催されました。主催は水銀汚染検証市民委員会。

*******************************************************************

日本では水俣病という形で深刻な健康被害を引き起こした水銀汚染。同じような事件、事故はアジア、太平洋地域を中心にいまだに繰り返されています。そこで水銀の取扱についての国際的なルールが必要ということで、今、国際水銀条約の締結に向けた動きが進んでいます。2013年に日本の水俣での条約制定を目指して現在各国が協議中。水俣条約です。

そのような動きが進むなかで、昨年11月から東京23区内の幾つかの清掃工場で自主基準値を上回る水銀が検出されるという事件が続発。足立清掃工場では3億円かけてバグフィルターを総入れ替えするという措置も講じられました。23区のごみ焼却を担当する「東京23区一部事務組合」は当初、一部の悪徳業者が水銀を大量に含んだ廃棄物を持ち込んだせいだという見解を示していましたが、同様の事故が頻発化するなかで原因究明の動きもうやむやになってしまいました。

これに対して市民の側でも問題の検証を、ということで立ち上げられたのが水銀汚染検証市民委員会です。これまでに数回のシンポジウムや勉強会を繰り返し、さまざまな専門家の知見を集積しながら、見解を整理してきました。結論として見えてきたことは、今年で3年目に入る東京23区の廃プラスチック焼却導入により①焼却炉に混入されるプラスチック製品に含まれていた水銀が徐々に焼却炉内に蓄積し、一部の清掃工場ではそれがあふれ出してきた可能性が高いこと、②従来の分別基準が曖昧になり、結果として「なんでも燃やす」という風潮が強まって、結果的に危険な廃棄物が焼却場に持ち込まれやすくなったということです。

民間のシンクタンク「環境総合研究所」による「水銀事故調査報告書」が完成したのを受け、また水銀条約締結に向けた第3回政府間交渉が今月末にケニアのナイロビで開催されるというタイミングで、水銀問題解決の方途をさぐるべく行われた講演会とシンポジウムでした。

********************************************************************

今回のパネリストは・・・・
・環境省環境保健部の福島健彦さん
・環境総合研究所副所長の池田こみちさん
・NPOコンシューマーズ京都の原強さん
・・・・の3名。

環境省の福島さんは水銀条約制定に向けて省内の担当部署に席を置いている人です。「水銀条約と日本のポジション」というテーマで講演されました。ナイロビ会議を直前に控えて、条約締結にむけた流れや課題などが語られました。

池田こみちさんは民間のシンクタンク「環境総合研究所」のスタッフとして水銀汚染検証市民委員会の「水銀事故調査報告書」の作成の中心を担われました。今回まとまった報告書についてのレクチャーがなされました。

京都の原強さんは、地域で蛍光管回収のシステムづくりを進めてきました。当初1割に満たなかった回収率を3割にまで高めることに成功。京都で確立されたシステムは周囲に影響を与え、今度は岡山市が同様の仕組み作りに着手したそうです。

*****************************************************************

面白かった京都の原さん話の内容を少し紹介します。

蛍光管(使用済みの蛍光灯のことですね)の年間排出量は100万人の都市でおおよそ100トンといわれていますが、処理が厄介なごみの一つ。割れやすいしかさばるし、おまけに水銀が入っています。もちろん有害。これが管内にガス状に閉じ込められていて、割れたら大気中に放出されます。厄介です。適切な処理が求められるところですが、この回収が難しい。

この蛍光管をちゃんと処理しようというメカニズムは残念ながら京都にはなかったそうです。むしろ「なんでも燃やす」方針で(東埼玉といっしょですね)蛍光灯でも乾電池でも「燃えるごみ」として回収して焼却炉に放り込んでいたそうです。高温焼却ならそれは何でも燃えますが、じゃあ鉛や水銀が環境中に放出されていなかったのかどうかというと…はっきりいってわかりません。測定されていないからです。ごみ焼却炉からの排出ガスについて国が定めた規制項目の中に、これらの物質は含まれていませんから。焼却場から排出される水銀の測定を行っているのは自主規制をしている東京23区などのわずかな自治体だけです。

一方では水銀条約だの水俣条約だのといっていながら、これではあんまり。そこで原さん達が始めたのが蛍光管の回収ルートづくりでした。電池などの危険物も生ごみなどもそうですが、適正処理や再資源化の技術は確立していても、回収ルートが作れずにそれらの技術が生かせないという場合がほとんど。どうやって回収するのかが課題です。

やはり回収率が高いのが行政による直接回収。横浜市や広島市、仙台市などが導入している手法です。収集所に蛍光管の置き場があって、市の回収車がそれを回収して廻る。効果は抜群ですがおカネがかかります。そこまではできないという京都で、ではどうするかということで社会実験の試行錯誤がくりかえされてきたそうです。

取り組まれたのは蛍光管を家電販売店で回収する方法、公民館で拠点回収、地域のコミュニティによる回収などなど。共同購入ならぬ共同排出のシステムづくりです。軽トラックで公民館や電気屋さんをまわって蛍光管を回収。NPOではやりきれない内容のものは産廃業者と事業提携したり、社団法人をたちあげたりして取り組んでこられたとか。その結果、取り組みが始まった2005年には1割程度だった回収率が最近では3割ぐらいまでになってきたそうです。

原さんは市民の力でやるのはこれが限界で、これ以上回収率を増やしていくためには国レベルでの蛍光管回収のための枠組みづくりが必要だといいます。やはりコストはかかる。特に輸送面が大変です。空気を運んでいるようなものですから。でも回収場所で管を割ってしまったら…水銀がみんな放出されてしまいます。ガラスの回収だけならそれでもいいんですけれどもね。回収コストは一本あたり100円ぐらいだそうです。それを小売店で負担するのはちょっときついし、自治体も大変。ある程度はメーカーも負担してくれないと厳しい。拡大生産者責任をある程度適用しないと厳しいと原さんはいいます。

********************************************************************

「なんでも燃やす」ごみ処理政策からの脱却は簡単ではありませんが、原さんたちのような地道な努力の積み重ねがやっぱり大事なのだなと思いました。地域の努力とリンクした国レベルでの制度づくり。水銀条約を1つの契機にしてそのような流れを生みだしていきたいものです。

(武井)
スポンサーサイト

環境省が『減らせ』というので減らした?! 辻浩司議員(越谷)が組合9月議会で一般質問

ちょっと報告が遅くなってしまいましたが・・・・
9月29日(木)に東尾埼玉資源環境組合9月定例会が行われました。
事務局で傍聴に行ってきました。

前回の組合議会定例会は6月28日。その直後に第二工場建設計画を盛り込んだ「地域計画・第二期」が環境省に承認されました。6月議会では越谷選出の辻浩司議員がなぜ計画案を秘密にするのか質問しました。今回はようやく組合がその内容を公表したので、その内容について、不明な点を辻浩司議員が幾つか質問しました・・・・

***********************************************************
―質問―
第二工場はどうして必要なのか?
その施設規模はどのように算出されたのか?

―回答―
新しい計画では平成30年に焼却量を25万トン程度にする予定だが、第一工場は改修後に1炉を休炉して処理能力は日量623トンに減少する。そのため第二工場は313トンの処理能力が欲しいのだけれど、地元との約束があるので300トン以上にはできず、297トンにしている。

―事務局から一言―
焼却処理量の予測が地域計画に記載されていない理由が知りたかったのだけれども、回答してもえらえなかったのは残念。計画としては根本的な欠陥だと思うのだけれども・・。辻議員は上記回答に対して「それでは第二工場を建設するために既存の第一工場を1炉休炉にするというように聞こえるが」と再質問しましたが、これについても具体的な回答が得られなかったのは重ね重ね残念。

*************************************************************
―質問―
ごみ発生量予測のマイナス0・9パーセントはどのような根拠に基づくのか?

―回答―
構成市と協議した。(本当?? 詳しくは6月議会報告をご覧ください)

―事務局から一言―
これも辻議員から再質問があり「数字の根拠を聞いている」と再度、質したところ、事務局長曰く「環境省との折衝で『減らせ』と言われたので…」との回答。正直といえば正直なんでしょうねぇ。しかしあまりといえばあまりの話。減らすのは大いに結構ですが、算出基礎が示せないということは何の根拠もない数字と考えていいんですかねぇ。要するに計画とは名ばかりで中身はなんにもないんですね。情けない限りです。もう少し言うと焼却ごみについていえばこの間毎年前年比で約2パーセントマイナスです。0.9という数字は控えめに過ぎるのではないかという指摘もしてもらったのですが、これは完全に黙殺されてしまいました残念です。

*****************************************************************

組合執行部の態度は全体として誠意がなく、質問者の意図をずらす態度が目立ち腹立たしかったのですが、何が言えないのかもよくわかりました。それとあくまで所感ですが、「計画」といったところで建設予定地の確保もままならず、見通しの立たない第二工場建設計画です。執行部に熱意がなくても仕方のないことかもしれません。やっぱり第二工場建設計画は見直ししかないんじゃないかというふうに再再度思わざるを得ませんでした。

なお、辻議員には現在進行意中の第一工場焼却灰受け入れ拒否問題についても質問していただきましたが、この件についてはまた稿を改めてお知らせします。

大変なしっぺ返しを喰らっています!!~秋田県大館市が焼却飛灰の受け入れ拒否~

ごみ処理の方法として、「燃やして埋める」という方法が長い間続けられてきました。ごみを焼却炉に投入すればきれいさっぱり無くなってしまう。もしかしたらそう考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

残念ながらそれは間違い。1トンのごみを燃やせば1トンの二酸化炭素や排気ガス、そして焼却灰が残ります。重さは変わりません。形が変わるだけです。しかも有害。

有害な排気ガスをそのまま環境中に放出するわけにはいきませんから、バグフィルタを通したり、さまざまな化学的な処理が施されたりします。けっこうお金もかかります。しかも除去作業が行われるのは法律で規制が定められているものだけ。有害、ないしはその可能性を指摘されている物質でも規制のないものはスルーです。

そして灰。特にエントツに至る煙道に設置されたバグフィルタで回収される「飛灰」はダイオキシンの塊です。猛毒物質なので屋内における厳重管理が義務付けられています。そのままでは危険なので薬剤などが混入された形で管理されます。

東埼玉資源環境組合の第一工場からはこの飛灰が毎日30トンも出ます。引き取り手がなかなかいません。寄居町にある埼玉県の最終処分場も受け入れてくれません。そこではるばる秋田県大館市の花岡鉱山跡地に運んで引き取ってもらって、地中深くに封じ込めてもらっています。まるで放射性廃棄物みたいに。

ごみを焼却処理しようとする場合、どこの焼却場でもこのような処置がされています。廃掃法では一般廃棄物(家庭ごみのことです)は自区内処理、すなわち発生した地域で責任を持って処理するのが原則になっています。しかし、実際には「燃やし」て「埋める」ところまでのすべてのリスクを当該地域で負うということは焼却処分をしている以上は不可能です。誰かにリスクを押しつけています。もちろん高いお金を払ってです。

こういう流れは持続可能な道ではないので、「プランをつくる会」としてはごみ処理における焼却依存をなるべく少なくすることが肝心だと考えています。できればゼロにしてしまいたいくらいです。第二工場建設計画は政策としてエラー。ごみを燃やす施設を増発する時代ではありません。

ところでこの飛灰が今、大変なことになっています。今年の7月、大館市が受け入れを拒否しました。行き場のない飛灰は第一工場施設内に保管されていますが、8月末には建物の中が満杯。9月から現在操業を停止している剪定枝のたい肥化施設まで保管場所を拡大したけれど10月末には満杯になるというのです。9月末には行き場のない飛灰の量は1800トンを超えました。

押しつけていたリスクのしっぺ返しを食らってしまいましたね。

受け入れ拒否の原因は放射能です。今年7月、同じく大館に焼却飛灰を持ち込んでいる千葉県流山市の灰から国の基準を大きく上回る、1キロ当たり28100ベクレルという放射能が検出されました。大館駅まで貨物輸送されていた灰は当然受け入れを拒否されました。7月14日には全面的な飛灰の受け入れが拒否され、東埼玉の焼却飛灰も受け入れ先を失いました。

原因はもちろん福島第一原発の事故です。

今回の受け入れ拒否の直接の原因は千葉県流山市の焼却灰ですが、東埼玉の第一工場からも、国の基準を下回っているとはいえ7月の段階でキロ当たり3400ベクレル、9月に入ってからも2500ベクレルという線量が検出されています。

今はとりあえず事態の進展を見守るしかありませんが、ごみ焼却のリスクの大きさを改めて実感させられました。暫定的な解決策としては新たな受け入れ先を探すしかないとは思いますが、それでも焼却を続ける限り、このようなリスクから自由になることはできないのだと思います。最終的な答えはごみ減量と再資源化の促進を通じたごみ焼却回避しかないのではないでしょうか。

最後に7月に発生した事件の公表を9月末まで引き延ばした東埼玉資源環境組合に一言苦言を呈して稿を閉じます。「環境と情報」のキャッチフレーズは何かの冗談だったんですね。

なおこの事件については10月7日の東京新聞で取り上げられました。

hibai.jpg

戸田市環境クリーン室副主幹・吉田義枝さん越谷講演会は大盛況!!10月10日 越谷サンシティ

10月10日、体育の日。戸田市環境クリーン室副主幹の吉田義枝さんをお招きして、『燃やすだけが能じゃない!!とってもおトクなごみ減量大作戦!!』と題する講演会を行いました。

プランをつくる会で、吉田さんをお招きするのはこれが2回目。昨年は八潮メセナで講演していただきました。今回の企画はその時の参加者の方の「是非もう一度話をしてほしい、近所の人にも聞いてほしい」という声によるもの。今回は越谷市内の越谷サンシティ視聴覚室を会場にしました。60人分の座席は満席で、今回も大盛況でした。

「ごみは燃やせばおカネがかかる。でも分ければおカネになるんです。」戸田市の様々な事例に基づく説明はわかりやすく、情熱的です。

アンケートに寄せられた参加者の感想から・・・
「ごみをお金に変えるというすばらしい発想に目から鱗です」
「戸田市の取り組みがよくわかり、越谷も頑張る必要があると思った」
「越谷にも吉田さんのような人がほしい」
「市の職員、議員に聞かせたい」
などなど…

例えば、生ごみを持っていくとお花の鉢植えと交換してくれる「リサイクルフラワーセンター」。環境政策と障害者雇用政策を結合させた画期的な施設で、開設以来見学者が後を絶ちません。質疑応答のときにこのシステムの導入の経緯についての質問がありました。吉田さん曰く「最初は苦情処理だったんです」なんでも市民団体が運営していた生ごみ堆肥事業の堆肥場があまりに臭い、なんとかして欲しいという苦情が市役所に寄せられたことが出発点だったそうです。問題解決の道を行政と市民が模索する中で結実したのがリサイクルフラワーセンターを軸にした「花いっぱいの街づくり」作戦。それが今では花の街づくり日本一。今月末にはカナダで行われる国際コンクールに日本代表としてエントリーです。凄いですね。


ところで参加者のほとんどの方が草加市柿木町の第二工場建設計画を「知らない」とアンケートで回答していました。もっと多くの人に東埼玉のごみ事情を知っていただき、どうすべきかを多くの人たちと討論していきたいと思います。

(事務局)

yoshida10111010.jpg
プロフィール

事務局

Author:事務局
東埼玉5市1町・ごみ減量市民プランをつくる会のブログです。
メールはこちらへ

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。