スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域計画の承認

残念ながら、7/11(月)に組合より環境省から地域計画を承認したとの報告がありました。時間の問題とは覚悟していましたが…

処で、その地域計画であるが、前のエントリーで述べた様に、減る計画に変更された結果、組合の従来の主張に相反する説明が平然と行なわれている。即ち、ごみが減っているのに、第二工場を作ることに依って焼却能力が大幅に余る訳で、環境省よりその点を指摘されると、その答えとして、第一工場の一炉を止めて3炉運転にするとイトも簡単に述べている。でもオカシクありませんか。

① 第一工場の4炉は、第二工場建設後に、大規模改修工事でリニューアル予定なのに、一炉止めてしまう事になり、何の為の大規模工事なのか訳がわからない。

② 焼却能力全体としては、第一工場の800t/日に加え、第二工場の297t/日を加えて、1,097t/日になるが、第一工場の一炉を止めると差分897t/日となる。現在の第一工場のみの800t/日に対し、わずか97t/日の増加に過ぎない。新たに297t/日もの設備を作るのか、これも訳がわからない。

③ そして、組合が吹聴している「サーマルリサイクル」に就いても理解し難いことが平然と主張されている。即ち、第一工場の発電効率は約20%で、第二工場は約17%。発電効率の観点から考えれば、効率のよい第一工場をフル稼働すべきで、それが一炉運転とは、訳が解らない。

④ その3炉運転に就いてであるが、以前この件に関して、共産党の須藤議員が組合議会にて質問した事があるが、その時の組合の回答は、以下の如し

▽焼却炉2炉に対し、1基のタービン発電機が設置されている設備構造となっております。その為、適切なごみ処理と効率的な発電を行なう為には、現状の4炉構成が最適であると考えております。▽

マア、マア、何とご都合主義であろうか?議員からの問い掛けにはできないと答えておいて、環境省からの対策の問い掛けには簡単に前言を翻す。この矛盾には、どう答えて頂けるのでしょうか、組合さん。

デモ、情けないですね。こんな、その場凌ぎの地域計画を出す方も出す方だが、それを内容も禄に精査せず承認する方もする方である。日本の公共工事の縮図そのものだ。

(井田)
スポンサーサイト

組合議会レポート[2011/06/28](その2)

さて、次は、本年4月より単身敢えて、火中の栗を拾いに乗り込んだ辻議員の番だ。

最初の質問は、改正地域計画についてだ。
① 環境省よりは既に情報公開されているものが、何故「リユース」にては公開されないのか?具体的な適用条文を示して説明して欲しい。
② 又、この地域計画策定に際しての、各構成自治体との事前協議の実態を具体的に教えて欲しい。

①に対する答えは、情報公開条例の除外規定7条5項の無用の混乱を避ける為に、非公開としているとの事であった。

この答えは正しく大正解。何故って?従来は、ごみの量が増えるから第二工場がないと、またぞろ、ごみが溢れて外部処理へ出す様になるからと是非必要だと言っていたのが、なんと、ごみの全体量は減らしますとマリッキリ逆の方向。

これでは聞いた人は誰でも頭がパニック状態、マトモに審議したら大混乱に陥るのは必定。この混乱を避けるために、議員諸氏は勿論、各構成自治体へも文書非開示は大々正解です。総じて、寄らしむべし、知らしむべきである。でも、リユースの議会の議員諸氏は何を元に審議されるのでしょうか?

まず、第二工場建設アリキ、後は組合さん好き勝手に辻妻合わせでも何でもお好きに!と云う処か。日本型公共工事の典型、ここに極まり。

②については、具体的な日時等の回答はなく、各構成自治体とは個別に説明したとのこと。本来の意味での協議になんで有り得ない。①の項でお分かりのように文書非公開なのだから協議のしようが無いのであろう。でもオカシイゾ!環境省への組合からの回答文等では、9/13・14と明記して、しかも全構成自治体と事前協議したと報告されているが、これらの議事録も無いのではあろうか?

(井田)

組合議会レポート[2011/06/28](その1)

去る6月28日(火)東埼玉資源環境組合「リユース」の議会を傍聴させて貰った。今回は、今迄になく聴き応えがありました。即ち、最初の質問者・今村議員(共産党)の一般廃棄物処理基本計画を組合が作る必要性が無いとの主張がどうしても納得し難いので、 ・・・小生も納得していない… 次の3点に照らして再度説明を求めたのであるが…

① 埼玉県内の12ヶ所の「リユース」と同じ立場にある一部事務組合である一部事務組合の中で基本計画を作っていないのは東埼玉だけである。
② この件に就いては、環境省は勿論、県からも再三作るように指導があった筈だが…
③ 「リユース」事務分掌の計画財政係の(3)項に、一般廃棄物処理基本計画と能能と書かれている。

答えは、
① 各地区に依って状況が違っており、当地区では計画作成の委託を受けていないので作る必要がないと相変わらずの返事。
② 県からの要請の話は、「聞いたことが無い」と一刀両断、
③ これに関しては、まともに答えず。

以上、これこそ“けんもほろろ”の回答。さあ、共産党はどう出ます。それにしても、今迄の議員諸氏は、納得されているのでしょうか?それこそ、「ノレン」に腕押しですか!でも、不思議とは思いませんか、基本計画は作成事務の委託を受けていないので作らない組合が地域計画を作っているのは何故?

次に今村議員より、現在「リユース」越谷工場にて行なわれている剪定枝の堆肥化処理が好評のようなので、拡充の意向の有無についての質問だが、現状の敷地で手一杯なので、後は各構成自治体で検討されたらとの答え。

でも、この答え結構重大な意味を持っていると思いません!というのは、一般廃棄物の処理を各自治体で好きにやってくださいと云うこと。即ち、「リユース」としての権限委譲、それとも放棄。

ここで一つの提案、今、計画中の草加の第二工場の敷地に剪定枝及び生ごみの堆肥化施設を作ったらどうでしょうか!燃やすごみが減って、それこそ環境に優しいクリーンゾーンとして街作りに大いに貢献すること必定。

(井田)

(その2に続く)

第二工場建設計画の見直しを求める署名にご協力を!!

わたしたちは東埼玉資源環境組合第二工場建設計画の白紙撤回を求めています。このたび、計画の白紙撤回を求める署名運動を立ち上げました。ぜひとも皆様のご協力をお願いいたします。

循環型社会形成推進基本法は世に出て11年。大量生産・大量消費・大量廃棄の世の中を見直して、資源循環を促進し、地球環境との持続的な共生関係の構築を課題とすることが打ち出されて以降、様々な現場でいろいろな人たちによる試行錯誤が繰り返されてきたと思います。すすむべき道筋についても具体的な議論が展開されるようになってきた今日この頃。未だにこのような計画が進行している事に多くの人々が驚かれるのではないでしょうか????

埼玉県南東部の5市1町(越谷市、草加市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町)から排出される可燃ごみの量は、図のグラフに示す通り劇的な減少傾向をしめしています。各市、町の市民と行政が減量化に着手した結果です。取り組みはまだ始まったばかりで、今後ますますの減量化が期待できます。

20110702 署名よびかけ用グラフ

にもかかわらず、当該地域のごみ処理を委託されている「東埼玉資源環境組合」はあろうことか新しい清掃工場を建設する計画を進めています。人口約80万のこの地域に現在日量処理能力800トンの焼却施設が稼働中です。(これだけでもかなり大きいでしょ?)それに上乗せして今度は297トン(この微妙な数字がなんとも作為的なんだなぁ)の「第二工場」を建設しようという計画です。総工費は200億円。完成したら運転経費も馬鹿にならない超大型の「前時代の遺物」です。

広域組合にありがちなパターンですが、東埼玉資源環境組合は政策の転換に否定的。住民が何をいっても「委託されていない」とか「権限が無い」とかいって一旦決められた計画を見直す姿勢が全くありません。検討そのものが「あり得ない」みたいな感じです。そういう態度が「あり得ない」時代になりつつあることに彼らは全く無自覚なんですね。

そこで今回は・・・

(1) 大金を払って組合にごみの焼却を委託している構成市町のリーダーに・・・

自治体の財政難が問題になっている昨今、こんな無駄遣いは考えられない!!
各市、町の行政の長としてきちんと判断してほしいところです!!

(2) 第二工場建設の財源の一部としてあてにされている「循環型社会形成推進交付金」の管轄である環境省に・・・・

震災の復興に向けて課題が盛りだくさん、原発事故の収束も見ていない状況下で無駄な公共事業に補助金を出している場合ではありません!!交付金を支出しないでほしい!!

という訴えをしたいと考えています。それぞれに宛てた署名を集めますので是非ともご協力をお願いします。

一見ローカルなテーマですが、実際には全国的な問題ではないでしょうか??
東埼玉5市1町に在住の方に限らず、多くの皆様にご協力いただければ幸いです。

このブログから署名用紙をダウンロードしてご活用ください。
集めていただいた署名は、恐れ入りますが下記連絡先まで郵送で送っていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。


東埼玉5市1町・ごみ減量市民プランをつくる会 代表
武井和彦
〒343-0835 埼玉県越谷市蒲生西町 2-9-6 緑ハイツ103

環境大臣宛署名用紙のダウンロード
首長宛署名用紙のダウンロード
プロフィール

事務局

Author:事務局
東埼玉5市1町・ごみ減量市民プランをつくる会のブログです。
メールはこちらへ

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。